入れ歯

このような入れ歯のお悩みございませんか?

このような入れ歯のお悩みございませんか?

  • 噛んだときに痛い
  • よくズレる
  • 好きなものが食べられなくなった
  • 喋りづらい
  • 不自然な見た目が気になる
  • 異物感・違和感が大きい
  • 保険の入れ歯に不満がある

こういったお悩みがございましたら、明石市大蔵町のヨット歯科医院にご相談ください。保険の入れ歯、多数の自費の入れ歯の中から、患者さんのお口に合ったものを選択し、丁寧にお作りします。

当院の入れ歯治療の特徴

入れ歯も歯科医院によって対応している種類、品質には違いがあります。
患者さんのお口の状態、ライフスタイル、ご希望などをお伺いして、ぴったりの入れ歯を提案します。

豊富な選択肢をご用意しております

豊富な選択肢をご用意しております保険の入れ歯に加えて、薄く異物感の少ない金属床義歯、見た目の良いノンクラスプデンチャー、機能的なコンフォート義歯など、豊富な選択肢をご用意しました。
患者さんのお悩み、ご希望はお一人お一人異なりますが、きっと当院で、ご自身に合った入れ歯と出会っていただけることと思います。

「食べる」「喋る」動きを想定した機能的な入れ歯をお作りします

「食べる」「喋る」動きを想定した機能的な入れ歯をお作りします入れ歯は、審美性だけ回復できればいいというものではありません。
「食べる」「喋る」といったお口の動きを想定して設計し、また微調整を加えながら、痛みやガタつきの少ない入れ歯をお届けします。

保険の入れ歯も丁寧にお作りします

保険の入れ歯も丁寧にお作りします近年、さまざまな自費の入れ歯が開発されており、審美的・機能的な入れ歯として注目されています。
ただ、当然ながら保険の入れ歯を使っている方、これからお求めになる方もおられます。
当院では、保険・自費問わず、一つ一つの入れ歯を丁寧にお作りし、すべての方にご満足いただけるよう努めています。

部分入れ歯と総入れ歯

入れ歯はその用途から、大きく「部分入れ歯」と「総入れ歯」に分けられます。 それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

部分入れ歯

部分入れ歯

総入れ歯

総入れ歯<

メリット
  • 外科的な処置が不要
  • さまざまな歯の喪失に適応できる
  • 外科的な処置が不要
デメリット
  • 金属のバネが付属する
  • 異物感、違和感が大きい
  • 噛む力が4~5割低下する
  • 異物感、違和感が大きい
  • 噛む力が8~9割低下する

保険と入れ歯と自費の入れ歯

次に、「保険の入れ歯」と「自費の入れ歯」の違いを見ていきましょう。
保険の入れ歯は材料や設計に制限が生じる一方、自費の入れ歯は制限がないために、さまざまな特徴を持たせることが可能です。

保険の入れ歯 自費の入れ歯
メリット
  • 費用が抑えられる
  • 外科的な処置が不要
  • 取り扱う歯科医院が多い
  • 比較的修理が容易
  • 治療期間が短い
  • 審美的に優れる
  • 噛む力が低下しにくい
  • 異物感、違和感が小さい
  • 部分入れ歯の場合もバネが目立たない
  • まわりの歯への負担が少ない
  • 食事を美味しく味わえる
  • 耐久性に優れ、壊れても修理しながら長期に使用できる
デメリット
  • 異物感、違和感が大きい
  • 寿命が短い
  • 噛む力が低下する
  • 見た目がやや不自然
  • 費用が高額
  • 修理の際にいったん入れ歯を預かって修理が必要なことがある
  • 保険の入れ歯より治療期間が長い
  • 種類によっては外科的な処置が必要

当院の入れ歯素材

保険の入れ歯(レジン床)に加えて、多数の自費の入れ歯をご用意しております。
ご希望、現在使用されている入れ歯へのご不満などをお伺いして、患者さんに合った入れ歯を提案します。

レジン床

レジン床保険診療で作ることのできる入れ歯です。
歯、歯茎ともに、歯科用プラスチック(レジン)でできています。
当院では、保険の入れ歯も、快適にお使いいただけるよう丁寧にお作りします。

メリット
  • 費用を抑えられる
  • 取り扱う歯科医院が多い
  • 比較的修理が容易
  • 治療期間が短い
デメリット
  • 噛むとたわみやすく、入れ歯のばねをかける歯に負担が大きいため、残っている歯が悪くなりやすい
  • 異物感、違和感が大きい
  • ズレやすい
  • 噛む力が大きく低下しやすい
  • 歯科用プラスチックで作るため、見た目がやや不自然
  • 厚みがあるため、食べ物の熱が伝わりにくい

金属床(チタン・コバルトクロム)

金属床(チタン・コバルトクロム)床を金属で作る、自費診療の入れ歯です。金属の種類は、チタンまたはコバルトクロムから選べます。
硬度・耐久性のある金属で作るため、薄くなり、異物感・違和感が大きく軽減されます。
金属アレルギーが心配な方にはおすすめできないことがありますが、当院では金属アレルギーのリスクが少ないチタンもご用意しておりますので、一度ご相談ください。

メリット
  • 精密で噛んでもたわみにくいので、入れ歯のばねのかかる歯の負担が小さい(歯が長持ちする)
  • 壊れても、修理することで長く使用することができる
  • 異物感、違和感が抑えられる
  • ぴったりとした装着ができる
  • 強く噛むことができる
  • 耐久性に優れる
  • 薄く熱の伝導性に優れるため、食べ物の熱を感じやすい
デメリット
  • 金属アレルギーのリスクが生じる
  • 修理が必要な場合に入れ歯を一時的に預かったり、追加の費用がかかることがある
  • 自費のため費用が高額

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャークラスプ(金属のバネ)がない、自費の部分入れ歯です。
人工の歯茎の部分だけを長くして安定を得ます。自費の入れ歯の中でも、特に審美性に優れたものと言えます。

メリット
  • 審美性に優れる
  • 金属のバネが付属しない
  • 軽く、快適に使用できる
  • 金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • 金属床などと比べると耐久性に劣る
  • 修理が難しいことがある
  • 自費のため費用が高額

コンフォート義歯

裏側(患者さんの歯茎と接地する範囲)を、クッション性に優れたシリコンで作る入れ歯です。
部分入れ歯と総入れ歯があります。
最大の特徴は、シリコンを使用したことによる痛みに出にくさです。

メリット
  • 強く噛んでも痛みが出にくい
  • ズレにくい
  • 部分入れ歯の場合も金属のバネが付属しない
デメリット
  • 対応している歯科医院が少ない
  • 金属床などと比べると耐久性に劣る
  • 自費のため費用が高額

ロケーター(ケラター)義歯

歯の根やインプラントと入れ歯にロケーターとメールキャップと呼ばれる特殊な器具を取り付け、ボタンのようにパチッと嵌めることで入れ歯が固定され、強力な安定が得られます。
金属のバネが付属せず、審美性にも優れています。

メリット
  • 強く噛める
  • 審美性に優れる
  • 金属のバネが付属しない
  • 固定する強さを調整できる
  • 着脱が容易
デメリット
  • 金属アレルギーのリスクが生じる
  • 残存歯の状態によっては適応外
  • 修理が難しいことがある
  • 自費のため費用が高額
  • 維持力が低下した場合、内面のメールキャップの交換が必要

インプラントデンチャー

数本のインプラントを顎の骨に埋め込み、そのインプラントで総入れ歯を強力に安定させます。
すべての歯をインプラントで補う場合と比べて、費用は大幅に抑えられます。

メリット
  • インプラントによる強力な安定が得られる
  • 強く噛める
  • 審美性に優れる
  • 全歯をインプラントにするより費用が大きく抑えられる
デメリット
  • 外科的な手術が必要
  • 自費のため費用が高額

入れ歯の費用

ノンクラスプデンチャー 少数歯欠損(1~3歯)欠損:55,000円~
多数歯欠損:場合によっては金属床の併用が必要になるためご相談ください。
金属床義歯 350,000円~
(欠損歯数によってかわるのでご相談ください)
ロケーター(ケラター)義歯 金属床にロケーター加算として費用がかかります
(1本33,000円)メールキャップ交換は1個5,500円)
レジン床 保険内(5,000円~20,000円)
コンフォート義歯 300,000円~
(欠損歯数によってかわるのでご相談ください)

入れ歯Q&A

なぜ、定期的に調整が必要なのでしょうか?

入れ歯は、使用しているうちに、どうしても少しずつ形が変わっていきます。そしてまた、患者さんのお口の形も、少しずつ変化していきます。この解離が大きくなるほど、痛みや違和感、ズレが起こりやすくなります。
定期的に調整しておくことで、入れ歯を快適に使えるようになります。また、入れ歯の寿命を延ばすことにもなります。

初めて入れ歯を作ろうと思います。やはり、自費の入れ歯でなくては駄目でしょうか?

そんなことはありません。むしろ、初めて入れ歯を使うという患者さんは、まず保険の入れ歯を試してみるのがいいのではないかと思います。使用感が良ければそのまま使い続け、もしご不満な点が多ければ、そのご不満な点を解消できる自費の入れ歯を検討する、という方法です。

インプラントと入れ歯、どちらにしようか迷っています。入れ歯の方が優れている点はありますか?

費用の面、身体への侵襲の少なさ(手術が不要)、治療期間の短さなどは、入れ歯を選ぶことのメリットといえます。また、もし将来的に介護が必要になったとき、取り外して洗浄できますので、患者さんご自身にとっても、介護者の方にとっても、ご負担が少なくなります。
また、自費の入れ歯の種類によっては、インプラントと遜色ない見た目の良さを取り戻せます。

一番上に戻る